2005年10月04日

たろう128号

今更ですが、コメントが出たのでここらで書いておきます。
まあ、これなんですけどね。

とても恥ずかしい結果なんですけどね。
「人前で漫才してます」なんてとても言えませんね・・・
今まで人前で漫才してもネタを誉められる事が無かっただけに、ある意味予想通りの結果とも言えます。


と言う訳で、ここで恥ずかしげも無く言い訳をしたいと思います。

今回のテーマとして、「即興で作った漫才がどのように評価されるのかを知りたい」というのがありまして、実際1時間くらいで作り上げたネタで勝負しました。
今読み返してみるとやはり詰めの甘い所だらけなので、結果については不満は全く無いです。

そして審査員の皆様の厳しくも暖かいコメントの数々。
本当にお疲れ様でございます。


ここで皆様のコメントに対しての私のコメントも入れさせていただきたいと思います。


>いじめネタが前の人とかぶってる
これは・・・私の力ではどうしようも無いです。

>ツッコミが焦っている
>ツッコミが一本調子
>ズレたツッコミになっている
おっしゃるとおりです。自分でも本当にそう思います。
流れに全く乗ってませんし言葉選びが悪いです。頭の中のイメージだけで突っ走った結果こんな感じになってしまった、と言う感じです。もっと考えないといけませんね・・・

>料理と木村の扱いについて
これについては皆様色々なご意見を頂きました。
木村の部分が長すぎて最初の部分が薄くなってると言うのはかなり納得です。
最初の部分で展開がもたついてますよね。料理メインの話からいきなり木村メインになってますからね。
もっと最初の食材についても後々のネタの伏線になるような作りにすればよかったかなぁ、と思います。
あと、キムチと木村の関係なんですけど、実はこれが一番最初に出てきたんですよね。
中学校時代の先輩で木村さんと言う人がいてその人のあだ名が「キムチ」やったなぁ、と言う事が不意に頭に浮かんで、それに無理やり肉付けしていった感じで作ったネタなんです。
その時点でかなり私の独りよがりな感じですが・・・
難しいですね・・・

>話の流れについて
これもご意見が分かれてますが、自分ではテーマを絞って筋を通して書いているつもりでした。
なかなか万人に伝わるような文章を書くのは難しいです。

>基本的な発想力の問題
>魅力を感じず
>面白くない
これが私の実力ですので致し方ないです。


こんな感じですかね。
恐らく次回は参加しませんが、勉強になりました。

このネタについては、もっと練れば良くなりそうな気がするので、いつか実際に使いたいんですがそれはさすがに無理ですかね・・・
posted by たろう28号 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7699835

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。